商品情報にスキップ
1 2

Sibuチョコレートクリスタライズジンジャー(カカオ70% 25g)

通常価格 ¥750 JPY
通常価格 セール価格 ¥750 JPY
セール 売り切れ
税込み。

Sibu Chocolate “Tree to Bar” Fine Chocolate シブチョコレート 「ツリートゥーバー」 ファインチョコレート


--

Sibu Chocolate “Tree to Bar” Fine Chocolate シブチョコレート 「ツリートゥーバー」 ファインチョコレート

カカオ分70%チョコレートとジンジャー(ショウガ)の組み合わせは意外のようでベストマッチです。
口に入れるとカカオの香りを感じた後、ジンジャーの程よい辛味と香りが広がり、再びカカオの香りとミックスされ、それが不思議と調和する1枚です。ジンジャーの食感が楽しく、後味がすっきりとしていてクセになる味です。

チョコレートには、カカオ発祥地であるマヤ文明のデザインが施され、目でも楽しめる一枚。パッケージはカカオ豆の外皮を使ったエコでおしゃれなデザインです。
コスタリカ産のカカオ豆は、ドライフルーツやバニラの風味があります。コスタリカの大自然の恵みで育てられた最高級カカオ豆とこだわりの食材の美味しさを、そのまま召し上がっていただくために添加物や保存料を一切使用していません。洗練されたシングルオリジンチョコレートを、是非ご堪能ください。

日本にはまだ数少ないTree to bar(ツリートゥーバー)チョコレート
シングルオリジン(単一農園産)であることへのこだわりSibu Chocolate は、原料のカカオの栽培・焙煎・粉砕・板チョコレートになるまでの全製造工程をコスタリカで行っています。世界でたった5%しか栽培されていない最高級カカオ豆(ファインカカオ)と現地の厳選された食材を使用した、日本初上陸の極上Tree to bar(ツリートゥーバー)ピュアチョコレートです。
コスタリカのトゥリアルバ(Turrialba)地方の単一農園で栽培され、 ショコラティエよって選び抜かれたファインカカオ豆を原料としているため、自然豊かなコスタリカの熱帯雨林、火山性土壌で育まれたカカオ豆の特徴そのままを味わうことができます。

◆Sibu Chocolate
2017年、中米で唯一インターナショナルチョコレートアワードで銀賞を受賞したチョコレートメーカー。フランスとイタリアで修行を積んだGeorge Soriano&Julio Fernandez の二人のマスターショコラティエたちが、2008年 コスタリカでSibu Chocolateを設立。 彼らは、カカオの栽培からチョコレートの全製造工程をコスタリカで行い、中米からの原料だけで完成させることを理念としています。彼らが誇るコスタリカで生産れる商品を「コスタリカブランド」として付加価値をつけることが重要だと考え、最高級のファインカカオとコスタリカ産の地元の食材を使用した商品を作り上げています。環境保護専門家としても活動する二人は、商品のパッケージも環境に配慮し、カカオ豆の殻を再利用した紙を使用しています。

◆当社の扱う商品は、すべて適正価格で取引されたカカオ豆を使用しています。

=====================
□名称   クリスタライズジンジャー(カカオ70%ダークチョコレート)
□原材料  チョコレート(カカオマス、さとうきび砂糖、カカオバター)ジンジャー、砂糖
□内容量  25g
□賞味期限 別途商品ラベルに記載
□保存方法 直射日光、高温多湿を避けて16℃?20℃の涼しい場所で保管してください。高温でやわらかくなった後に冷えると、白く固まることがありますが、召し上がっても身体に差し支えありません。
□原産国名 コスタリカ共和国
□備考   値段はチョコレート一枚分の価格です。
本製品工場では、乳、大豆、カシューナッツを使用した設備で製造しています。
=====================

Introduce your content

Answer your customers' common questions

 Q.「マヤンレッド」の名前の由来は? 

マヤ時代の「マヤン」、「レッド」はカカオの実がまぶしいほどビビットな赤色だからという理由でそう呼ばれています。 

マヤンレッド品種は、中米ホンジュラスに昔から伝わるカカオ木にさかのぼります。マヤンレッドすべての始まりである「マザーツリー」は、ホンジュラス北部の沿岸にあるジャングルで見つかりました。 

Q.フェアトレードカカオですか? 

はい。ショコグルメプロジェクトは、農家が貧困から抜け出すのを支援しながら、世界最高の風味の豆を生産しています。 ショコグルメ社は、フレーバーに焦点を当て、適切な価格を農家に支払うことに真剣に取り組んでいる企業です。カカオ豆は小さなコミュニティの小さな農家によって栽培されており、彼らの勤勉な努力を通じて多くの人を貧困から救い出す手助けをすることができます。 

悲しいことに、今日、世界中のほとんどすべてのカカオ生産者は、相場以下のコストで支払われています。この悲惨な状況に加えて、ほとんどのカカオ生産者は貧困線以下で生活しており、安価な大量生産されるカカオでは彼らの生活を改善することはできません。農家に支払われるフェアトレードの価格がコスト以下に設定されていることを知っている人は多くありません。ショコグルメ社では、ニューヨーク市場価格の約20~25%をプレミアム価格として契約農家に支払っています。 

この時点で、家族は子供たちを学校に送り始め、栄養と健康が改善し、新しいサイクルが始まります。 

すべての農家が ショコグルメプロジェクトに時間とお金を投資し、非常に高い専門基準を遵守しています。生産者へは、彼らの持つ技術や品質に応じて支払われるべきだと信じています。  

また、ショコグルメ社は、ファインカカオ(良質なカカオ)生産者としてカカオ生産者の地位向上を図る取り組みを行なっている、Direct Cacao(ダイレクトカカオ)のメンバーでもあります。 

Q.誰が使っていますか? 

海外では、世界一のレストランに何度も輝いた「ノーマ」でも採用されています。その他、世界的に有名なシェフである、パトリック・ロジェ、ジャン=ポール・エヴァン、アラン・デュカスなどその他多くのシェフが使用しています。 

現在、いくつものヨーロッパと日本のトップシェフやミシュランレストランなどで使用されています。 

Q.受賞歴のあるカカオですか? 

はい。世界的にも有名なショコラティエにより、ビーンズ、チョコレートがいくつもの国際的な賞を受賞し、世界的に非常に高い評価を得ています。 

Cocoa of Excellence 

Academy of Chocolate 

International Chocolate Award